« 9.謝罪文の書き方 基本  | メイン | 謝罪の話の考え方の軸 謝罪のしやすさ=自分のスペックと案件の差の小ささです。 »

2013年7月 6日 (土)

10.謝罪文の書き方 基本2

謝罪文の書き方 基本2
必ず そのトラブルに至った経緯を
仕組み 物事 オペレーションの不具合という形で
人をいれずに説明すること
行動でもいい
個人名が出るのはよいが
個人の不注意とかもいつもどおりだからよい
でも 個人が 行動に欠落した状態なら
完全に大きく被害は発展する
前日酒を飲んでいたとか そういうの

基礎講座などナビ↓

 

  • 基礎前編/
  • 基礎後編/
  • 全体
  • TOP
  • まとめ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10